散骨の行う為に

散骨の行う為に

葬儀で、散骨をするときの注意点は?

近年は形式にこだわらない自由葬の葬儀に人気が集まっています。
遺骨の埋葬方法も先祖代々伝わる菩提寺の墓ではなく、自然葬という形で自然に還ることを希望する人が増えています。
自然葬で人気の高い埋葬方法として散骨があります。
粉砕した遺骨を撒いて自然に還すというものです。
散骨行為自体は法的に禁止されている訳ではありませんが、他の人の宗教的感情に配慮して節度を持って行う必要があります。
遺骨を撒く際のマナーですが、必ず細かく粉砕することによって遺骨であることが分からないように処理を行う必要があります。
近隣の住居が近くにある場合に自宅の庭に遺骨を撒くことはマナー違反です。
遺骨を野山に撒く場合には、地権者の許可を得る必要があります。
地権者が存在しない海洋に散骨を行うのであれば問題ありませんが、海岸や漁場・養殖場、船舶の航路から離れた沖合で行うようにします。
一般乗客が乗船する客船上から勝手に遺骨を撒く行為はマナー違反です。
自分で船を所有していなければ釣船やクルーザーを持っている知り合いにお願いするか、海洋への散骨を専門に行う業者に依頼することができます。

葬儀のあとに散骨で自然に還る

近年少子化や核家族化の増加に伴い、散骨を選ぶ方は多くいます。
散骨とは、遺体を火葬した後粉末状にして、海、山、空に撒く方法です。
宗教宗派が関係ないこと、故人の希望、費用面の安さ、お墓の維持管理がいらないなどのメリットがあります。
何よりも故人が自然の中で安らかに眠りたいという希望を持っていた場合、その気持ちを汲んで家族が実行することが多いです。
人間は多くの場合、都市に住んで生活していますが、大自然の中の一員であることは間違いのない事実なのです。
永遠の眠りを穏やかに本能のまま、自然に還ることは誰もが潜在意識の中にあるものであり、地球に生きている生き物として本来の姿とも言えるのです。
そういった思いを実現するのが散骨です。
故人が好きだった場所、家族との思い出の場所、憧れていた場所など、定められた場所であれば自由に撒くことができます。
送る側の家族、親族も故人との思い出を感じながらお別れができる良さもあります。

Favorite

夏休み留学エージェント
http://www.nexsis.jp/

2017/1/16 更新

ページの先頭へ

COPY RIGHT (C) 散骨の行う為に