散骨の行う為に

散骨の行う為に

散骨とお墓の関係

近頃は、少子化の影響を受けて、男系の子孫を継続させることが難しくなっており、お墓を建てても供養したり、管理していく子孫がいないケースが増えてきています。
この問題を解消する方法の一つとして遺骨を残さない散骨という選択肢を選ぶ人が多くなってきています。
散骨は全ての遺骨を大海原や大きな樹木に撒いてしまうので、お墓のように子孫が墓地の区画の管理費を支払い続ける必要がなくなりますので、男系の子孫がいなくても関係ありません。
また、男系の子孫がいる場合でも、お墓のことで子孫に煩わしい手間をかけさせたくないという考え方から、散骨を選ぶという人が増えています。
また、高齢化に拍車がかかっていて自分の家の近くに墓地の区画を確保できないという関係から散骨を選ぶという人が増えてきている理由の一つとなっています。
ただし、お墓がないということは、心の拠りどころがないということを意味しますので、遺骨を全て撒いてしまう前に慎重に検討をすることも必要です。

散骨のルールとマナー

故人の生前の希望で、葬儀後に遺骨を散骨するケースが増えています。
しかし遺骨を撒くという行為は法で禁じられていなくとも、周囲への配慮を要する行為ですので、いくつかのルールを守って行う必要があります。
まず事前の準備として、骨は細かく粉末状にしておくことが重要です。
これは人骨だとわかる形状を残したまま自然に帰してしまうと、思わぬトラブルを起こす可能性があるからです。
海に散骨する場合は海水浴場や漁場などは避けましょう。
山に撒く場合は、そこが私有地でないかあらかじめ調べておきます。
キャンプ場や人家のそばなど人気のある場所や、田畑に遺骨を撒いてはいけません。
自然環境にも配慮し、海洋や土壌に問題を起こさないかどうか慎重に考慮してください。
散骨は個人の遺志を尊重するだけでなく、まず第一に人に迷惑をかけない場所で行うというのが最も基本的なマナーです。
専門の業者に任せても良いですが、上記のルールを守れば遺族が自ら行うことができます。

ページの先頭へ

COPY RIGHT (C) 散骨の行う為に