散骨の行う為に

散骨の行う為に

海へ散骨する場合の注意点

身近な家族の方が亡くなってしまい、故人が生前にエンディングノートなどに書き留めていた意向などに基づいて、遺骨を大海原に散骨するということがあります。
そのときには、実績が豊富な信頼できる業者を選ぶ必要があります。
散骨の経験が少ない業者だと、きちんとした場所に遺骨を撒かずに漁業従事者や、海辺に住んでいる方からクレームが来たりして気持ちよく葬ることができない場合があるため注意が必要です。
また、遺骨を海に撒くことを遺族が実際に船舶に乗船しないで業者に委託する場合は、散骨したことを証明する書類や写真などをしっかり残せていないことにより、トラブルに発展する可能性があります。
また、全ての遺骨を撒いてしまうと故人の生前の意向であるとはいえ、手元に一切残らなくなってしまうことによって心の拠りどころがなくなってしまうことに寂しさが残る可能性がありますので注意をする必要があります。
遺骨を一部分だけ残しておいて、手元供養専用のペンダントなどに納めて、いつも遺骨の一部分と共に過ごし心の拠りどころにするという方法もあります。
全ての遺骨を撒いてしまう前に、一度立ち止まって全ての遺骨を自然に還してしまって良いのかを、じっくり考える必要があります。

自然に還る儀式 葬儀としての散骨

親しい家族が亡くなって葬儀が行われると告別式の後遺体は火葬されることになります。
少子化が進んでいる現代社会では遺骨の葬り方も多様化しつつあります。
多様化する方法の一つに、お墓に葬らずに大自然のもとに還る散骨という方法に注目が集まっています。
少子化が進むとお墓を引き継げるような後継者がいないという家系が増えてきています。
遺骨を散骨してしまえば、墓地の区画の管理費も発生しませんし、定期的にお墓参りに行って墓石の清掃をする必要もありません。
何よりも、亡くなってから遺骨は暗くて湿った、お墓の下ではなく大海原や美しい花を咲かせる樹木のもとに眠ることになる解放感を得られることが一般的な葬り方では得られないメリットとなります。
また、高齢化が進んできたことにより、終活と、終活に関するビジネスが発展を遂げ、生前に自分の遺骨の葬り方についてエンディングノートなどに書き留めて、自分の希望を伝えることもできるようになってきています。
また、散骨を承る業者も増えてきて実績に基づいた遺族に配慮した葬り方をできるサービスの体制も整いつつあります。
そのような時代背景の変化も手伝って遺骨を散骨する方法を選ぶ人が多くなってきています。

Valuable information

大きいサイズ メンズ
広告マンガ 制作
大阪でボルダリングを体験
遺骨ペンダントを依頼
コーチングの研修で学ぶ
自由が丘 ヨガ
名古屋 会社設立

最終更新日:2017/6/2

ページの先頭へ

COPY RIGHT (C) 散骨の行う為に